日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Travis 2009/2/27 東京国際フォーラム ライブレポート

先月27日に行われたTravis来日公演@東京国際フォーラムに行ってきました。

今回は新作『Ode To J.Smith』のリリースに伴う10年ぶりの来日公演。
前作『The Boy With No Name』での名作『The Man Who』の雰囲気への回帰からは一変して、ギターロックの王道を目指したような作風の最新作には正直少しガッカリしていた面もあった私は、期待と不安の入り混じった気持ちでライブ会場に向かいました。

ライブは定石どおり、新作の一曲目「Chinese Blues」から始まりました。
さらに新作の二曲目へとつながり、新作中心のライブ構成なのかな~、と少しテンションが下がり気味。
しかし、三曲目に前作のキラーチューン「Selfish Jean」で会場は一気にヒートアップ!
私もこの展開には踊りださずにはいられませんでした。
さらにその次には『The Man Who』のオープニングを飾る珠玉の名曲「Writing to Reach You」が!
一体今まで何度聞いたか分からないあのフィードバックノイズが響き渡る時には、既に私は全身が感動と困惑の入り混じったような不思議な感情に満たされ、総鳥肌立ちの状態でした。
そしてこの曲が終わる頃には、静かに広がり、やさしく包み込んでくれるようなフランの歌声に深い安心と懐かしさを感じることができていました。


結局、全編を通じて新旧の曲を満遍なく取り混ぜたバランスのいいセットリストでした。
途中には客席に下りて歌うなどのパフォーマンスもあり、遊び心も感じさせてくれましたが、
そんな行動や、バスドラムに飛び乗ったりするなどのステージングの様々な様子から、彼らの
 「ロックンロールへの憧れ」
を色濃く感じることができました。
思えば、ファーストアルバム収録曲に「All I Want to Do Is Rock」なんて曲があったり、彼らは実はずっと“まっとうな”ロックンローラーに憧れて音楽を続けているのかもしれません。
そんな彼らですが、二作目『The Man Who』の成功により彼らの求めるところとは少し違うところにある深い魅力を世界に認められてしまいます。
私は最初、そのことは彼らにとっては少し不幸なめぐりあわせだったのかもしれないとしれないと思っていました。

しかし、そんな考えはこのライブを最後まで楽しんで、微塵も感じなくなりました。
彼らは間違いなく、自分たちに求められているものを自覚し、それを受け入れた上で自分たちのやりたいことも自信を持ってやっている。それを確信することができたのです。
そうすると、不思議なもので、新作からの曲も毛嫌いすることなく素直に楽しめるようになり、ライブから帰ってきた後では『Ode To J.Smith』は私のヘビーローテーションになっていたりします。


少し話が脱線しましたね。ライブレポートに戻りましょう。
今回のライブのハイライトは間違いなくアンコールにありました。
アンコール二曲目の『Flowers In The Window』はなんと、マイクやアンプを一切使わない、生歌とアコギのみでの演奏でした。
東京国際フォーラムという非常にロックのライブとしては非常に音響のいいホールだからこそ可能だったこのパフォーマンス。
それまでは二階席だったこともあり、今ひとつ音圧が低く、音に没頭することができずにいました。しかし、増幅されない生の歌声を静まり返ったホールで聞くことにより、逆にフランの歌声の深さ、広さを存分に味わうことができました。
さらに、この曲はTravisの曲の中でも最も好きな曲のうちのひとつで、静かに堂々と響き渡る音色に、いつの間にかぼろぼろと涙を流していました。
ライブで感極まって泣いてしまったことは今までに何度かありますが、(特に最近はそういった事が多い気がします)ここまで自然にぼろぼろと、あったかい気持ちになる涙が出たことはなかったような気がします。
そしてライブ最後の曲は「Why Does It Always Rain On Me ?」
ライブを締めくくるのにふさわしいTravis史上最高の名曲です。
2002年のSummer Sonic以来ようやく聞けたこの名曲に安堵し、全身でたっぷりと味わいました。
最後はフランの呼びかけで"POGOダンス"(曲にあわせて会場全体がジャンプ!)で一体感を味わい、夢のような気分の中でライブが終了しました。


こうして今回のライブを通じて深く深く実感したのは、

Travisはいつでも私を一番そばで支えてくれていたバンドだった

ということでした。

去年はRadioheadやSigur rosなど、私の中で非常に大きな意味を持つバンドのライブに行くことのできた非常に恵まれた一年でした。
そんな経験をしたばかりだったからこそ、Travisが私にどれだけ深い安心を与え、どれだけ深い喜びを与えてくれるのかを、より深く実感することになったのです。

ありがとう、Travis!!
最高のライブでした。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houtou76.blog68.fc2.com/tb.php/75-3cb46dc5

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。