日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『可能性』そのあり方とは? その2

なかばコメントがつくのをあきらめていた前回の記事ですが、
面白い突込みをしてくれた方がいるので、今回はそれも踏まえてもう少し問題を明確にしていきたいと思います。

前期時へのコメント(抜粋) Posted by 八坂メグさん

また、現在、過去の「可能性」についての話ですが、過去の~と論している時点で、T+Wさんの考えはやはりどちらも「現在」を軸として考えているように感じられてます。僕は可能性を論じる際に注意しなければならないものとして、ある時間軸のある時点においてその時、その時の視点に立たなければならないということを挙げます。簡単に言うとT+Wさんの考えと僕の考えで決定的に違うのは「視点」です。

僕は普段直観的に感じている、「あの時もしも~だったら」とかは別段におかしいことではないと思いますし、主体性だって幻なんかではないと思っています。



実は以前の記事を書いた後、友人にも全く同様の突込みをされました。。
彼の言葉を借りると、『大過去の私からみた「(現在から見た)過去の可能性」』を論ずることに問題はないと。
たしかに八坂さんと友人の言うとおりなんですよね。
もし私が現在における可能性というものが定義できる(もしくは主体性が確実に存在する)と言い切るならば、過去の可能性もやはり同様に定義できてしかるべきなのです。

つまり、私が疑っていたのは私たちの持つ『(現在の)可能性』さらには人間の主体性、そのものだったということになります。
全くもってばかげたことを言っているように思えますが、こう考えてみるとどうでしょう?

前回の記事で挙げたとおり、私にとっての可能性の定義は
『現在における可能性というのは、後続する時間における私たちのあり方に対する選択の自由度である』
というものでした。
ここで問題になってくるのが、「本当に選択の自由度は存在するのか?」という問いです。

「私たちがある分かれ道で、右に行くことも、左に行くこともできる。」
こういった語り方が可能性というものの基本的なあり方です。
この主張は私たちにとってあまりに当たり前に思えることです。
ところが、よくよく考えてみるとこれはあくまで私たちの「信念」であって、その真偽を確かめることのできない類の主張なのではないでしょうか?
なぜなら、私たちは常に「右に行くことか、左に行くことしかできない。」からです。
あなたがもし右に行ったとすれば、それは世界の決定されたシナリオとして右に行ったのかもしれないですし、左に行ってしまったならば、その時右に行けたかどうかを確かめる術は存在しないのです。

以上が私の考える「可能性」における問題点なのですが、
この議論、実は上で八坂さんが指摘した問題点を再びはらんでます。
ここではやはり現在から見た過去の可能性を論じているのです。

しかし、現在からの視点のみで「可能性」を論じることができるのでしょうか?
実証的な「現在からの視点における現在の可能性」を論じるためには、現在が複数の未来に分岐する世界の重ね合わせであるという(現在における)確かな証拠が存在しなければいけません。
そう考えると、私にとって「現在からの視点における現在の可能性」はあくまで信念である、というように思えるのです。

以上から、私の(とりあえずの)結論としては、
『「可能性」はあくまで経験的に獲得された信念であって、実証可能な事実ではない』
ということになると思います。
なんとも歯切れの悪い結論になってしまいました。
今回もつっこみ、文句等々首を長くしてお待ちしております。
スポンサーサイト

コメント一覧

今回も拝見させていただきました。
またまたよく考えさせられてしまう記事でしたので、僕の稚拙な考えを、恥かしながら残しておこうかと思います。

さて、これは僕の個人的な考えなのですが、「可能性」というのはその時に起こりうる事象を述べる際に必要な概念です。ここで大事なのは「起こりうる」ということで、たとえばわかれ道の例にもあるように「右に行くことも、左に行くこともできる」つまり「右に行く」と「左に行く」という選択肢が発生した時点でどちらの事象も「起こりうる」のです。仮に右の道を選んだとしても、分岐点に到達した時点でその人に左右どちらかを選ぶ選択肢が生まれたのなら、その時点で彼(彼女)は右に行くことも左に行くことも「起こりえた」訳です。ここに「信念」という考えを持ち出す必要はないと思います。
また可能性を実証するということ自体ナンセンスではないでしょうか? 可能性とは先ほど述べたように「起こりうる」ことを論ずるもので、実証は意味を持ちません。本当に起こりえたのか? と問うならば、その人に選択肢が生まれた時点でそれは間違いなく起こりえました。仮令、獲得された信念において何かを、例えばAかBのうちAを選択したのだとしても、あなたがBを選ぶという信念を獲得することも過去のある時点において「起こりえた」訳ですから問題はないはずです。
また未来へ分岐する世界の重ね合わせなども実証する必要はありません。我々が体感できるのは自らが実際に選択してきた結果のみで、あとの世界は思索の先にしか存在しません。「可能性」を論じる際に、その事象を現実世界に持ってくるのは意味がないことなのではないでしょうか?

僕は「可能性」というものを『「可能性」とはある時間軸のある時点で存在するすべての選択肢が、(その選択者の決定が過去に依存したとしてもその過去も「起こりえた」選択の結果なわけだから)選択されうる際に持ち出されるものであり、思索の中でのみ実証される仮想世界の事象である』という風に結論付けようかと思います。

またしても、分かりづらく、且つ長々と駄文を失礼いたしました。というか自分でも混乱してしまって;;

今回もコメントありがとうございます!

八坂さんの意見、大変興味深く読ませていただきました。
やはりキーポイントとしては、
>(可能性は)思索の中でのみ実証される仮想世界の事象である
という点なのでしょう。
私も結局は可能性は仮想世界の地平にあるという考えに決着しそうです。

ところが、ここで新たな問題が浮上してしまうと思うのです。
私たちが「右に行くことも、左に行くこともできる」という主体性の問題はどうなるのでしょう。
可能性を仮想世界の事象と捉えてしまうことは、実は私たちの持つ主体性までも仮想世界の地平に押し込めてしまうことにはならないでしょうか?

私たちの主体性は、やはり実証不可能で、一種の虚構として存在するものなのでしょうか?
私は今では、(残念ながら)そうなのだと思うのです。
八坂さん、並びにこのブログをご覧のみなさんはこの点についてどうお考えになるでしょうか?
もしよろしければまたご意見をお聞かせいただければ幸いです。

コメント失礼いたします。

僕はそうは思いません。仮想世界と言っても、それは各々がそれぞれの脳内で構築したものです。僕たちが普段考えていることはもちろん目に見えませんが確かにそこに存在します。「主体性」も「可能性」も目に見えず捉えにくいというだけで、我々の中に必ず存在するものなのではないでしょうか?
僕が今こうして考えていることも、僕の脳内にあります。仮想世界だって結局は脳内です。仮想と言っても、我々が考えるものなのですから、それは確かに虚構などではなくそこに存在すると思うのです。「可能性から導き出される仮想世界」=「虚構」とは、僕は思いません。仮想世界はその時の僕らの主体性により「この現実」において選択されなかっただけにすぎず、「今ここに在り得た世界」なわけです。仮想世界は仮想ではありますが虚構ではないと思います。
主体性は今ここに確かにあります。僕がここにコメントを残そうとしたその意思は確かに僕の主体性の賜物なわけです。また、僕がここにコメントを残さずにそのまま放置したという仮想世界においても、その意思はやはり僕という個の主体性から来るものです。「主体性」とはその人の個そのものだと僕は考えており、現在過去未来現実仮想にかかわらず、その人がその人として在る限りどこにでも存在するものだと、僕は捉えています。主体性を実証するにはその人が生きているだけで十分であるというのが僕の考えです。

またしても、僕の文章力並びに語彙力不足により難解かつ長文になってしまい、申し訳ありませんでした。また論点がずれてしまっていたらすみません;;

ちょっと興味深かったので、僕のほうからも意見させてもらいます。

可能性に関してですが、僕も八坂メグさんと同意見です。可能性はその時の自由度のことでよいと思います。

しかし、主体性に関してですが、これは客観的にみるとちょっと違ってくると考えます。
結論から書くなら、我々が実際に下せる判断はたくさんあるように見せかけて一通りしかないということです。
たとえば、さっき八坂メグさんが右に行くか左にいくかということを例に出していましたが、可能性は確かに2通りありますが、実際に下せる判断は一通りだけです。右にいくと判断したなら左を実際に選ぶことはあり得ません。

つまり、もし並行世界が存在したとしても、全く同じタイミングで同じ判断を下すと僕は考えます。(結果的に見れば、並行世界は存在せず同一世界だったということになりますが)

なぜかというなら、それは物理的にすべて同じだからです。その時の体内またはそれを取り巻く世界を動く物質の質量もエネルギーも速さも加速度も・・・・

我々が下す判断はなんだかんだいって体内の物質の複雑な組み合わせで支配されていることは誰がどう言おうと事実ですから。

まぁ、時間軸の∞の位置から見て、運命という言葉がそれをはっきり表しているといっても悪くないと考えます。

と、こんなにべらべらと書いてしまいましたが、もし主体性という言葉を履き違えていたらすいませんorz

だから、T+Wさんがおっしゃるように可能性という言葉は遠い未来から見れば一種の虚構解こうとになってしまうと考えますがどうでしょう?

改めて、ちょっといろいろ考えつつ調べてみました。
この可能性に関しては量子力学の世界に結びつくようです。
自分は大学一年で量子力学はやってなかったのでぜんぜんピンときませんでしたが、不確定性原理というのが絡んでくるようです。これはすべてのことを観測するということ自体が不可能というものらしいです。

ここで書くにはものすごく長くなる上に統一した結論が出てないようなので、いろいろ検索してみて考察してみることをお勧めします。

ただ、自分が考えることは、この世に存在するもので未来を理解できるものは存在しないということです。理解できないだけで実際にあるのではないかというのは議論の余地があるというか誰も確かなことは言えないのでないかと僕は考えます。(↑の意見では存在するという考えです。ラプラスの悪魔というのと似たような考え方をしていました。)



並行世界もこれとそのまま関係してくるので、これも安易に存在しないとは言い切れませんね。むしろ無限にあるという考えのほうが自然な気がしますがね;;;;

もっと勉強してからしっかりした意見を持ちたいと思いました。とりあえずいい勉強になりましたw

この文章はあくまで自分が勝手に解釈したものなので、間違いがあるかもしれないので、あったらぜひ指摘を><

またまたコメントありがとうございます!

>八坂メグさん
八坂さんの意見に対する私の反駁は、部分的には水無さんの一つ目のコメントにあるとおりです。
つまり、私たちには二つの選択が可能だったように『思えた』かも知れませんが、実際に選ばれなかった選択をすることができたことを実証する術は存在しない、そこが問題なのです。
具体的な例としては、私たちの身体(そしてそこから生まれると考えられている精神)は、あくまで物理法則に支配された時間発展の結果として(私たちが主体性と呼ぶものとは独立に)選ぶべくしてその選択を下したとするならば、そこに果たして主体性は存在すると言えるのでしょうか?
やはり観念論的な方法で人間の主体性に確固たる地位を与えることは不可能なように私には思えます。

>水無揚羽さん
主体性については、基本的に水無さんの意見と同じなのですが、不確定性原理と決定論、そして人間の主体性の関係について少し意見させていただきます。
確かに不確定性原理の出現により、私たちの世界はラプラスの悪魔による決定論的描像からは脱却することができました。しかし、非決定論的な世界においても、自然はただその物理法則に従い、(確率的ではありますが、人間の主体性とは独立に)時間発展をしているに過ぎません。
その意味では、やはり物理学的立場をとって人間の活動を物理現象の結果と捉えるならば、今のところ人間の自由意志は棄却する立場が自然のように私には思えるのです。


納得いかない点、気になる点などございましたら、まだまだどんどんコメントお待ちしております!

返事ありがとうございます。
T+Wさんの言うとおり、私の意見では自由意志というものの存在すら認めてないと言われても過言ではありません。
私の考えは唯物論的な考えです。もしこれが成り立つとするならば、そのような問題での論理の欠陥は現れないのではないでしょうか?

もちろん、唯物論自体を証明するすべは存在しませんが、科学の発展がこの意見を強く推し進めるものと考えます。(実際に持っているかどうかは別として、感情をもったようにしか見えないロボットの出現とか)


ただ、これはあくまでこのような解釈でも成り立つだろうと僕が考え付いた一通りの解釈です。ほかの考え方でも説明は可能だと考えるし、それを現時点で否定することができないと思います。(論理に欠陥があったら論外ですが;;;)
結局我々のもっている情報量というのが十分でないから考えの対立が起きてしまうんでしょうね。


そして、毎度長文になってしまって申し訳ないです。奥深いですね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houtou76.blog68.fc2.com/tb.php/72-9f76402e

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。