日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在の耐えられない軽さ レビュー

今日は先日読み終えたばかりの小説

 『存在の耐えられない軽さ』  ミラン・クンデラ著/千野英一訳 集英社文庫

のレビューです。

この小説の特徴は、題名にも表されている「存在の重さと軽さ」というメタファーをはっきりとした軸にすえた物語展開です。
全ての登場人物たちはみな、存在の重さと軽さを巡るドラマを通じて描き出されています。

ではその、「存在の重さと軽さ」というのは具体的に何を指す言葉なのでしょうか。
物語の冒頭で著者は『永劫回帰』というニーチェの用語を用いてその意味を説明します。
人生は幾たびも繰り返される、永劫回帰の元でなければ意味を持つことなどできない。
『永劫回帰の世界ではわれわれの一つ一つの動きに耐え難い責任の重さがある。』
『もし永劫回帰が最大の重荷であるとすれば、われわれの人生というものはその状況の下では素晴らしい軽さとして現れうるのである。』
しかし続く段落において、その軽さによってわれわれの人生は、自由であと同様に無意味になると述べられています。
そして、著者は次のように問うのです。

『そこでわれわれは何を選ぶべきであろうか?重さか、あるいは、軽さか?』

この一文こそがこの小説を貫く背骨となる問いです。


全七部構成となっているこの小説。
各部で登場人物が入れ替わる、もしくは場面が転換したりしながら、人間の在り方についての様々なテーマ(性愛、信念、裏切りなど)についての物語が展開していきます。
また、そのテーマに沿って、物語展開とは直接関係ない人物や出来事についてのエピソードが随所に挿入されるところを見ると、果たしてこの小説は一般的な意味での『物語』と呼ぶのにはふさわしくないのではないかと思えてきます。
実際、第二部の冒頭において著者は、
『もし著者が読者に、登場人物が本当にいたと信じ込ませようと努めるなら、それはばかげたことである。その人物は母親の身体から生まれたのではなく、二つの暗示的な文のうちの一つ、あるいは、一つの根源的状況から生まれたのである。』
と、述べるのです。
主人公のトマーシュは『Einmal ist keinmal.』(訳は「一度は数のうちに入らない」。ドイツの諺)という、存在の軽さを暗示する文から生まれた人物で、
その妻テレザは、トマーシュとのドラマチックな再会の瞬間にお腹がぐうぐうとなってしまう、という心と身体の和解しがたい二重性を示す根源的状況から生まれた人物なのだ。
(ちなみに、他方の『暗示的な文』とは『Es muss sein!』(そうでなければならない!)というベートーベンの最後のクヮルテットの最終楽章に登場する文で、小説中では存在の必然性、すなわち存在の重さを暗示する文のことです。トマーシュは作品を通じてこの二つの文の間を幾度も行き来することになるのです。)
なんということか!これはもはや物語ではありえない!!
どうして母親から生まれたのではないという怪物に感情移入することができようか!!

ところが、この登場人物たちは、誰も彼も私に似ているのでした。
誰もが私の思い悩んだことのある、もしくは思い悩むと思われる問題に直面し、
私が考えるかもしれない思考がそこには展開されているのです。

そんな思いを抱く理由が、第五部十三節中のある場面において劇的に示されます。
この節は前節から続いて主人公トマーシュの物語的描写から始まります。
小説後半に差し掛かったこの時点では、トマーシュのさまざまなドラマを『体験』し、ここでは既にトマーシュの置かれている状況をそれなりに感情移入しながら楽しんでいました。
しかし、重さと軽さの間で思い悩むというトマーシュにとって根源的な状況に遭遇し、筆者は突然再び、小説の人物がある状況、文、メタファーから生まれる、ということを宣言し、トマーシュから生きた人間としての地位を奪いとってしまうのです。
そして、著者は更に続けます。
『小説の人物というものは(中略)ある状況、文、メタファーから生まれるもので、その中にまるでクルミの殻の中のようにある種の基本的な人間の可能性が収められている。その可能性というのは、まだ誰もその可能性を見出していないとか、それについて誰もまだ何も本質的なことをいっていないと著者が考えていることなのである。』(アンダーラインは引用者による)
ここの、この小説の真髄が顕に表現されているのです。
続く段落では
『私の小説の人物は、実現しなかった自分自身の可能性である。(中略)そのいずれもが、私がただその周囲をめぐっただけの境界を踏み越えている。まさにその踏み越えられた境界(私の「私」なるものがそこで終わる境界)が私を引きつけるのである。その向こう側で初めて小説が問いかける秘密が始まる。小説は著者の告白ではなく、世界という罠の中の人生の研究なのである。ここまでで結構。トマーシュに戻るとしよう。』(同上)
これほどまでに衝撃的な文に出会うことはなかなか無いでしょう。
普通の小説のように登場人物をつぶさに眺める視点から、小説世界そのものを捉える彼岸の視点へ、目がくらむほどに一瞬の転換。
それに続く小説についての考察は、私がこの小説にひきつけられる理由を見事に説明してくれました。
つまり、私は著者の人生の研究を通じて私の様々な根源的な可能性について思いを馳せていたのです。
そして謎が解決された次の瞬間には、その充足感に浸るまもなく、『ここまでで結構。』と再び小説世界の中へ投げ込まれていました。
なんというスリリングな体験なんでしょうか!!
この一節を読み終えた後はぞくぞくするような興奮がなかなか収まりませんでした。




結局、トマーシュは、重さを選んだのか、軽さを選んだのか?
私たちは存在の耐えられない重さにつぶされるべきなのか?
それとも存在の耐えられない軽さのなかで無意味な人生を送るべきなのか?


あなたの人生に散らばる様々な『根源的な可能性』を垣間見るために、
是非この本をとって、じっくり読んでみてください。
きっと素敵な体験があなたを待っていますよ。
スポンサーサイト

コメント一覧

うゎ 私も持ってるけど本棚で眠ってるやつだ・・・
がんばって読んでみようかな・・・

もったないよ!!ぜひぜひ読んでみて!
そんで感想も聞かせてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houtou76.blog68.fc2.com/tb.php/66-061b9b48

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。