日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京さんぽ

今日は先日の日曜日の話です。

午後三時、寝坊した私はようやく学校の図書館の前にやってきていました。
ほんの数台しかとめられていない駐輪場、電気のついていない図書館。
なんだか寂しげな雰囲気が漂うのは曇り空のせいだけではありませんでした。

『本日休館』

図書館の前に申し訳なさそうに、しかしはっきりと張り出されたこの四文字を見て、
私はこの日を東京散策に費やすことを決意しました。

目的地は皇居。
東京に出てきてはや四年、実は私は皇居をしっかりと見たことがありませんでした。
そんなわけで、この日の目標は自転車による皇居一周ということに決定。
肌寒さの一層強くなった秋の曇天の下、颯爽と空気の抜けた自転車を漕ぎ出しました。

思い付きでの決定なので地図なども持ってるはずは無く、
たまにある道路標識だけを頼りに皇居を目指しました。


・秋葉原
まず、最初に通過したのは秋葉原。
休日の秋葉原、さすがの盛況っぷりでした。
歩道には人が溢れ、ぼろいママチャリで車道を行くのはなかなか恥ずかしかったです。
美少女キャラクターの大きな看板の下に人が群がっている姿は、
今の東京の象徴の一つとも言える風景でした。

・神田
続いて通過したのが神田駅周辺のガード下。
ものものしい鉄橋の薄汚れた姿には昭和の雰囲気が漂います。

・日本橋
もともと東京駅を目指していたのですが、途中から気が変わり、道路標識に従って日本橋までやってきました。
東海道の始点であり、日本の道路の始点と言っても過言ではない日本橋。
ここも私は初めて訪れる場所でした。
まず驚いたのは、この周辺の建物の建築様式。
明治、大正期の西欧建築を模した堂々たる建築がところどころに残され、
新たな東京の一面を垣間見ることができました。
三井本館、日本銀行、日本橋三越など、どれも一見の価値ありです。
そして日本橋。
日本橋自体を初めて見たことによる感慨もありましたが、
それより衝撃的だったのが、日本橋の上を垂直に交わり、川の上を行く首都高速道路。
歴史的な景観をぶち壊してるのは言うまでもなく、
なんと川の上を行く道路という、グロテスクとも言えるような光景。
(その後の散策でもこの周辺の多くの川の上に高速道路が走っていました。)
高度経済成長時代のなりふり構わないパワフルさ、
脂ぎった時代の雰囲気を目の当たりにした気分でした。

・丸の内
日本橋から皇居の方に向かいながら、今度は目の覚めるような美しい高層ビルの林の中を抜けていきました。
ただ高いだけのビルではなくて、個性的なビル(堂々としていたり、繊細であったり、優美だったり、力強かったり、奇抜だったり)がいくつもあって、目を楽しませてくれました。

・皇居
幾つかの回り道や、迷い道を経て、ようやく皇居に到着しました。
大手門についたのが午後四時ごろ。
東御苑の閉園時間ぎりぎりだったので、少しだけ中を見てみることにしました。
が、しかし。
ほんとに閉園時間ぎりぎりだったため、十分ほど公園のような部分を歩いて管理の人に追い出されてしまいました。
中は結構広く、よく整備された公園になっていたので、
次回はもう少しゆっくり時間をとってまわってみようかと思いました。

そしてそれからようやく本来の目的の皇居一周。
日曜日だったからなのか、遊歩道では非常に多くの方がランニングをされていました。
彼らの邪魔にならないよう早すぎず遅すぎずのペースを保ちながら皇居を一周。
今まで見てきた皇居の断片的な映像が、頭の中で地図として組みあがっていく感覚はなかなか楽しいものでした。
最後に立ち寄ったのが正門。
正門の前には非常に広大な敷地が用意され、さすがは天皇の宮殿、といった雰囲気。
そこにかかる二重橋の美しさも素晴らしかったので、
ぜひ近いうちに一般参観の申し込みをして内部を見学しに行きたいと思いました。

それにしてもびっくりしたのは、半蔵門周辺のお堀の深さ。
だいたいビル3~4階分ぐらいはあろうかという高さなのですが、
そのほぼ崖のような斜面には低い柵しか設けられておらず、
自転車をこぎながら下を覗き込むと(そうすると必然的に自転車は柵の方に曲がっていってしまうのです)、非常に恐ろしかったのが印象的でした。


思いつきではじまったこの日の散策でしたが、様々な時代の東京の姿を垣間見ることのできた、思った以上に収穫のある散策になりました。
どの時代の東京もそれぞれ個性的な魅力があって、それらがモザイクのように複雑に入り組んで足跡を残しているこの街、東京。
世界の様々な大都市にも引けをとらない魅力のある街だと認識を改めさせられる日曜日でした。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houtou76.blog68.fc2.com/tb.php/62-ef29341d

 | HOME | 

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。