日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Bird Ensemble

今回はCDレビューです。

先日、Mogwaiや、Stereolab、Beckの新譜などを買いに行ってきました。
その時にタワーレコードのおすすめにはまって買ってしまったのが今回紹介したいCD。

  Migration/The Bird Ensemble

ジャンルとしてはポストロックなんて呼ばれるあたりだと思います(でも、ポストロックってまったくジャンル名として意味を成してないですよね)。
今日の秋の寂しげな曇り空のもとで聞いていたら、どうしようもなくはまって心に響いてしまったので、ここで紹介したいと思いました。
ゆっくりと、静かに、しかし印象的に響くメロディーがリヴァーブのきいたドラムに乗せて寄せては返す波のように繰り返されます。
わざとらしい盛り上がりもなく、そっとそばにいてくれるような音像にすーっと入り込んでいると、ある一瞬でこんな風に感じるのです。

  「世界はきっと、今はやさしい」

日差しの和らいだ曇りの昼下がり。そっとほほをなでるそよ風。

感じ方によっては陰鬱な寒々しい曇りの日だったかもしれません。
それでも私には、あの一瞬、とても美しい瞬間に立ち会えたような気がするのです。


最近私はめっきりこういったポストロック、アンビエントなんて言葉で語られることの多いジャンルの作品ばかりを聞いているのですが、それはこういった感覚を得る瞬間が忘れられないからなのかもしれないと、今日ははっきりと思い返しました。

The Bird Ensembleの試聴はここからどうぞ。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=59665538


また、今日より少し暖かい日、柔らかい日差しが差し込む電車の車窓から田舎の風景を眺めているときに、同じような「はまった」感覚に襲われたのは、

Be a Bright Blue/Saxon Shore

です。
最新アルバムThe Exquisite Death of Saxon Shoreでは突き抜けるような輝きを見せてくれる一方で、その盛り上がり方がわざとらしいと感じられる面もあるのですが、
この一枚は木陰から漏れる光を眺めるような優しい明るさと、ゆったりとした空気が一貫していて、等身大の優しさに身を任せて心地よい音像体験をすることができます。

興味のある方はぜひチェックしてみてください!!
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houtou76.blog68.fc2.com/tb.php/54-b797b164

 | HOME | 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。