日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れのゴンドラクルーズ後編 ヨーロッパ旅行記 ベネチア編その6

お久しぶりです。
道には落ち葉が目に付くようになり、
朝晩は言わずもがな、日中でも肌寒い日が多くなった今日この頃、
皆さんはどうお過ごしでしょうか。

今年の九月には中欧三ヵ国(オーストリア・チェコ・ハンガリー)を旅してきたのですが、そちらの写真もそのうち厳選して紹介できたらよいと思っています。

そして本題。
今日は中途半端なところで随分と放置してしまったベネチアの紹介の続きです。季節はもうすぐ冬ですが、ここでは束の間のバカンス気分を味わって頂けたら幸いです。

一枚目
CIMG1310.jpg

前回の続き、大運河をゆくゴンドラからの眺めです。

二枚目
CIMG1318.jpg

大運河から再び運河の小径へ。
一転して地味な風景ですが、ゴンドラよりモーターボートの目に付くこの一枚は、観光都市ベネチアの普段着の姿が垣間見えるような気がします。

三枚目、四枚目
CIMG1319.jpg

CIMG1320.jpg

小さな運河をゆくゴンドラ。
なぜベネチア観光の目玉がゴンドラクルーズであるのか?私にとってその答えはこれらの写真に凝縮されているといっても過言ではありません。
こんなに古めかしくて、ロマンチックで、ナンセンスで美しい風景が他の町にありえるでしょうか?この写真は私が見た、ベネチアの独自性、そしてそれに根ざした美的価値の最も重要なものの一つを切り取ってくれています。

五枚目
CIMG1323.jpg

私たち一行を乗せてくれたゴンドラ。
素晴らしい経験をありがとう!!

六枚目
CIMG1325.jpg

リアルト橋の上から大運河を望む。
日が傾きかけ、夕暮れの近い時間帯での一枚です。

七枚目
CIMG1329.jpg

リアルト橋を渡り、その袂からの一枚。
六、七枚目の写真を見て思うことは、この街は本当にどの時間を切り取ってもその時間にふさわしい美しさを見せてくれる街だったということ。朝のまぶしいほどの日差しの下での大運河やサン・マルコ広場の堂々とした姿。そして昼下がりの高い日差しにくっきりと浮き彫りにされた迷路のような日陰の小道の安らぎ。そして暮れ行く日の中で少しずつその輪郭をぼやけさせていく街の物悲しさ。
どれをとっても、何年たってもありありと思い出せそうなほど鮮やかに私の心に刻み込まれています。

長かったベネチア編もあと二回ほどで終了です。
次はなるべく間を空けずに更新したいと思うので、楽しみにしていてくださいねー。

スポンサーサイト

コメント一覧

久しぶり^^
ヴェネチアいいなぁ~~~!!!めっちゃキレイだね。

ひさしぶりー★
ベネチア、ほんっっとにきれいだよ!!もしいつか、まとまった時間が取れるときがきたら、ぜひぜひ行ってみることをお奨めするよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houtou76.blog68.fc2.com/tb.php/38-a5ed1064

 | HOME | 

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。