日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベネチア迷宮案内 ヨーロッパ旅行記 ベネチア編その4

前回の最後に、今回がゴンドラクルーズの紹介になるようなことを書きましたが、掲載予定の順番を勘違いしていて、それは次回紹介させていただきます。申し訳ありません。。。
それで、今回は何を紹介するのかといいますと、、、、
ベネチア市内の、まるで迷路のような小道を辿る風景を紹介したいと思います。
それでは、今回もほんの少しだけ、お付き合いください。。。

一枚目
CIMG1259.jpg

水路沿いの小道からの眺め。
サン・マルコ広場を離れ、ほんの数分歩いただけで、あたりはこんな小道と水路の入り組んだ風景に一変します。
大運河の風景を紹介した時にも書いたことですが、要するにこの街のメインストリートは大運河であり、陸上の道では大通りと呼べるほどの大きな道は存在していないのです。
それゆえ、どこまで行ってもこの写真のような水路と小道の入り組んだ複雑かつ見通しのきかない道が続き、さらにはその道自体も曲がりくねってしまっているため、地図を見ながら歩いても、十分程度歩いたらあなたも自分の現在位置があやふやになってくることはほぼ間違いないでしょう。
この写真は、そんな不思議で美しい迷宮の、ほんの入り口の写真です‥‥。
ちなみに、今回紹介する写真の中ではこの写真が一番のお気に入りです。面倒な方もどうぞこの写真だけは拡大して見て行っていただけると幸いです。

二枚目
CIMG1260.jpg

細い水路を行き過ぎるゴンドラ。
この写真を見ても、あくまで交通の中心が水路であることは一目瞭然ですね。

三枚目
CIMG1261.jpg

家々にはさまれた小道で見上げた空。
比較的分かりやすくて大きな道を辿って目的地を目指していたはずが、、、いつの間にかこんなに細くて頼りない道に来てしまって、少し不安になっている頃です。
それでも、私を取り囲んでいた不思議な懐かしさと、優しい日影の明るさは、ゆっくりゆっくりと心に染み渡って、少しだけ立ち止まって、この日の空の色や空気の感触を心に刻み付けておきたいと思わせてくれるのでした。

四枚目、五枚目、六枚目
CIMG1262.jpg

CIMG1263.jpg

CIMG1267.jpg

さらにさまよう、水の迷宮。
結局その後も、もはや意味を失ったように思える地図を片手に、行く先々で確認する通りの名前や広場の名前を頼りに、少しづつ目的地を目指していくのでした。。。。


今日の旅行アルバムはここまで。
ここから先は、いい写真がなかったため、今回の旅行アルバムでは紹介できないベネチアの魅力の一つを紹介します。

それはずばり、絵画。
イタリアルネッサンス期の巨匠ヴェロネーゼ、ティツィアーノ、ティントレットはいずれもベネチア派に属する画家たちなのです。

有名なところからあげるとすれば、まずはドゥカーレ宮にあるティントレットの『天国』世界最大の油絵として有名な作品です。ティントレットの絵が好きな方はもちろん、観光としてもはずせない一枚だと思います。
ただ、私はあまりティントレットの絵は好きではないのですが‥‥

そして、次はサンタ・マリア・グロリオーサ・ディ・フラーリ教会にある、
 ティツィアーノ 『聖母マリアの被昇天』
聖母のまとう鮮やかな色彩とドラマチックな明暗対比に思わず目を奪われてしまいます。
ティツィアーノの鮮やかだけれどもどこか優しい感じのする色使いが非常に好きな自分としては、この作品ははずせません。教会に入って最奥に控える祭壇画であるこの作品を見たときには、嬉しさで興奮しっぱなしな状況でした。

そして、最後に紹介したいのは、アカデミア美術館所蔵の
 ヴェロネーゼ 『レヴィ家の饗宴』
ルーブル美術館所蔵の『カナの婚礼』で有名なヴェロネーゼですが、お恥ずかしながら私はこの美術館でこの作品に出会うまで、ヴェロネーゼという画家の存在を知りませんでした。
それでも、アカデミア美術館のある部屋の壁面いっぱいに描かれたこの作品を見た瞬間、まるで今にも動き出し、音が聞こえてきそうなほどの圧倒的な臨場感に全身が身震いしました。
この作品は構図としては先にあげた『カナの婚礼』と似た構図なのですが、個人的にはこちらの方が躍動感があって好きですね。大きな絵画が特に好きというわけではない自分としては、大きな絵の迫力に始めて純粋に圧倒された体験でした。
結局、あまりに見入って立ち尽くしてしまっていたために、隣で同じように見入っていた旅行者の方に「キミもこの絵が好きなのかい?」と声を掛けられてしまうなんて一幕も。。。
このほかにも、開放的な海洋都市の気質を反映した鮮やかな色使いが特徴のベネチア派の絵画が多数所蔵されているこの美術館は、おすすめの観光スポットです。ベネチアに行かれた際はぜひとも時間を割いてじっくり見て回ってみてはいかがですか?

スポンサーサイト

コメント一覧

やっぱいいねぇ~ヴェネツィア◎ あそこはホントにもう一度行きたいわ…特にサンジョルジョマッジョーレ教会の夕日をもう一度みたい。

>コジモ一世
だーよーねー!!!!
やっぱりベネチアは死ぬまで何度も繰り返し訪れたい街だぁ。
ちなみに、サンジョルジョマッジョーレ教会からの夕日はベネチア編のクライマックスなんで、楽しみにしててくれ~★

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houtou76.blog68.fc2.com/tb.php/34-bfaf9f14

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。