日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン・マルコ広場到着! ヨーロッパ旅行アルバム ベネチア編その3

日に日に夏が近づいていますね!今日もいい天気でした!
そんなわけで今日もベネチアの風景で、迫り来るバカンスシーズンへの気持ちを盛り上げていただけたら幸いです。

サンタ・ルチア駅からの大運河クルーズを終え、いよいよサン・マルコ広場に到着です。

一枚目
CIMG1241.jpg

サン・マルコ広場、入り口からの眺めです。
正面に見えるのがサン・マルコ教会の側面、右に見えるのがドゥカーレ宮です。

二枚目
CIMG1243.jpg

水没するサン・マルコ広場。
今日紹介する写真の中でこれが一番びっくりするかもしれませんね。
サン・マルコ広場が思いっきり浸水してます。
ちなみにこの行列はサン・マルコ寺院へと続く行列だったのですが、水の中を進む勇気がある人はショートカットしてもいいようで、行列の途中でちらほら、「もう待ってられん!」といった感じで靴を脱ぎ捨て、水の中へと進む人たちがいました。
まぁ、もちろん、私たち一行も結局途中で耐え切れなくなり、ベネチアの海水を足で直接感じてみることにしてみたのでした。

三枚目、四枚目
CIMG1248.jpg

ここらへんまではおとなしく並んでましたが‥‥
CIMG1251.jpg

いいやっ!いってしまえ!となった後。
ちなみに、なんと教会の中も若干浸水していました。
ところで、こんな映像を見るとついつい地球温暖化が‥‥、なんていってしまいたくなりますが、実はこの浸水の影響は島自体の地盤沈下の影響の方が大きいとか。確かに島のいたるところで建物や地面のゆがみを見かけました。いつかはこの美しい島を訪れることができなくなってしまう日が来るのかもしれません‥‥。悲しいことですね。

五枚目
CIMG1253.jpg

正面から見たサン・マルコ教会。
教会を見て出てくると、いつの間にか水は引いていました。
この浸水は夏から秋にかけての季節の高潮が原因で起こるそうで、ちょうど私たちが広場についた頃が満潮の時間だった、ということですね。
それにしても、たった数十分のうちにあれだけ広場にあふれていた水がほとんど引いてしまっていたことには驚きを禁じえませんでした。

六枚目、七枚目
CIMG1254.jpg

CIMG1257.jpg

サン・マルコ広場に面した、カフェ・フローリアン。
某アニメにも登場した、有名なカフェですね。
オープンカフェ形式になっていて、そこでは小さな楽団が音楽を演奏しているのですが、その演奏家たちの楽しそうなこと!美しい演奏をすることよりもまず、楽しみ、楽しませる演奏を目指していることがこちらにも伝わってきて、非常に軽やかで楽しげな気持ちになれる演奏でした。すばらしい!
ここはなんでも世界最古のカフェ(1720年創業)だそうで、中に入ると、美術骨董品のような趣のある内装に囲まれて、数世紀をタイムスリップしてしまったんじゃないかと思えるほどに素敵な雰囲気でした。
ここで図らずもコーヒーをむせてしまったことは一生の不覚です。
お値段は音楽チャージも含まれて一服していくにはちょっと高めですが、ベネチアに行ったときはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

これでサン・マルコ広場の観光は終了。
次回はベネチア観光の目玉、ゴンドラクルーズを紹介させていただきます。
それでは、また。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houtou76.blog68.fc2.com/tb.php/33-d3dba285

 | HOME | 

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。