日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限りなく透明に近いブルーを読み終えて

読み終えた後に身震いするような気持ちになりました。こんな体験はそうそうあるものでもないとおもいます。

ってなわけで、以下、ネタばれあります。いやな人は今日の記事は飛ばしてください。




最初から最後まで、描かれるのは主人公とその仲間たちの麻薬や乱交パーティなどの破天荒な生活の風景だ。
そんな、一言で言ってしまえば、「しょーもない」行いが、どこか距離感のある、醒めた視点で描かれていく。
腐敗した食物、昆虫の体液、吐瀉物、流血、精液など、普通、目を向けることさえ憚られるようなものばかり描写されているのに、この作品が新人賞を受賞した際の選考委員達は揃ってこの作品を「清潔」と評したそうだ。私はこの評に大いに共感する。なぜかというと、この作品は、汚物の類ばかりを描きながら、その描き方は常に単純に写真のように「描写」することのみを目的としていて、そこに全体性や、意味性を付加することがないのだ。それにより、逆説的にその文体はどこか静かな清潔さを手に入れているのだ。
そして、その傾向はクライマックス付近の、主人公が激しい幻覚に襲われる場面で最高潮に達する。現実に存在する女性の顔や、部屋の風景が、どんどんと現実性を失っていき、ついには完全に全体性、意味性を失った単なる部分の集合へと崩壊(ゲシュタルト崩壊)してしまう。
しかし、ここで今度は、主人公の体験する幻覚の世界が、これまでこの作品の中ではほとんど感じられなかった意味性や全体性(言い換えるなら物語性)を、生々しい蠢くような感触とともに生じ始める。
例えるなら、私は、ここまで静寂の支配していたこの作品の物語世界が、ここのあたりで突然、ぎりぎりと軋むような不協和音をたてながら動き始めるような気がしていた。

そして、主人公はその幻覚の中で、窓の外の空を覆う、巨大な黒い鳥の存在に気づき、戦慄するのだ。

幻覚から醒めた主人公は思う。自分たちはいつだってこのわけのわからない巨大な黒い鳥に飲み込まれ、その中で生きているのだと。そしてそれは死ぬまで続くことだということを。
しかし、そのことに気づいた主人公は同時に、自らのそばに常にあり、その中に包まれていた、美しい存在のことを自覚する。そして自らは「限りなく透明に近いブルー」となり、その美しい存在を映し、他に人々に見せることのできる存在になりたいと願う。





読み終えた瞬間、あまりに共感する部分が多く、今までどんなに頑張って伝えようとしてもうまく伝えられなかった色々なことが、こんなにも鮮やかに伝えられてしまうことに、嬉しく思いながらも、愕然としました。
メッセージと物語、そして文体。それらが見事にそれぞれの関係性から意味を生み出し、一つの作品として結実させることのできる一つの証明として、私にとってこの作品はこれから深い意味を持った作品になると思います。





「とにかく今何もしたくないんだ、やる気みたいのがないからなぁ」
「昔はいろいろあったんだけどさ、今は空っぽなんだ、何もできないだろ?からっぽなんだから、だから今はもうちょっと物事を見ておきたいんだ。いろいろ見ておきたいんだ」
    ―作中のリュウの台詞より―
スポンサーサイト

コメント一覧

へー(^-^)そんなによいんだ。
今度読んでみよっかなぁ。

>かのん
読みたいのなら、もちろん貸すけど、正直、生理的に受け付けない、って人もいるような表現がたくさん出てくるから、読むときは気をつけてね。

村上春樹作品読むと(おそらく)かなりの確率で日記書くよね。
君が日記書く=君の心が大きな振幅を見せた
ってことだから、やっぱり一冊読みますか。
ビギナーには何がおススメ?

ちなみに憂国読んだよ。(言ったっけ?)
「中尉はいささか利己的な気持ちから、この美しい肉体の崩壊の有様を見ないですむ幸せを喜んだ。」
って一文に、三島の美意識、脆弱さ、そして自殺の要因を感じた。違うのかもしれないけど。

>ダイスケ煮のngeさん
まぁ、なんというか、今回のは村上龍作品なんだが、たしかに「君が日記書く=君の心が大きな振幅を見せた」ってのはそうだから、グロい表現が大丈夫なら「限りなく~」はぜひオススメ。
村上春樹入門編ならノルウェイの森がいいんじゃないいかなぁ、と思うよー。

憂国読んだってのは人づてで聞いたよww
それ、言えてるかも。少なくとも三島の美意識、それと隣り合わせの脆弱さってのは間違いなくその一文に如実に表れてるだろうね。

あっ、めっちゃ恥ずかしい!!笑 教養ねぇ~。
ちなみに村上春樹はどの作品でノーベル賞取りそうなの?

>genma
どんまいwww
いまぐぐってみたら、村上さんちの春樹くんはどうやらノーベル賞は逃したみたいね。残念。
たぶん候補は「ノルウェイの森」「海辺のカフカ」あたりが有力だったんじゃないかなぁ?

そうなんだ!!本屋さん大ショックだね。
サンクス。
「ただ、君を愛してる」カップルに囲まれて見てきたぞ!!
宮崎あおいがあんなことになっちゃったらそりゃ泣くわ、って話でした。
ヤバかわいかった。

やっぱりそんな感じか。ぜってー見にいかねぇwwww
でも、きっと見に行ったら号泣するだろーなぁ。

てなわけで、報告サンクス。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://houtou76.blog68.fc2.com/tb.php/21-95bbbf7a

 | HOME | 

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。