日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らのミライへ逆回転 映画レビュー

今日、渋谷シネマライズでミシェル・ゴンドリー監督・脚本の

『僕らのミライへ逆回転』(原題 Be Kind Rewind)

を見てきました。
結論から言うと、

最高に笑えるけど、しっかりと一本筋が通っている傑作コメディ映画でした!

近々映画を見る予定がある方はぜひぜひこの作品を見に行っていただきたい!

もともと私がこの作品に興味を持ったきっかけは、
監督・脚本がミシェル・ゴンドリーだった、という点によってです。
ミシェル・ゴンドリー監督の代表作といえば、
『ヒューマン・ネイチュア』(2001)、『エターナル・サンシャイン』(2004)、『恋愛睡眠のすすめ』(2006)
などがあります。
このうちで、私が実際に見たのはエターナル・サンシャインだけなのですが、この作品は話の軸になるアイディアの面白さと、斬新な映像の使い方が印象的だったのを覚えています。
また、彼は非常に優れたミュージックビデオ監督でもあります。
私がこの監督に注目する理由はむしろこの理由によるところが大きいです。
Chemical Brothers,Bjork,Daft Punk,Radiohead等、様々なアーティストのビデオクリップを手がけているのですが、そのうち私が実際に目にしたのは、
Chemical Brothers 『Star Guitar』

Radiohead 『Knives Out』

の二作品です。
『Star Guitar』はシンプルな構成とアイディアながら、曲の持つトリップ感が上手く映像とリンクした佳作。
そして、『Knives Out』、どこかかわいらしい印象の映像で最強にグロテスクなブラックユーモアが展開されます。このドリーミィでありながら、まるでその夢に囚われながら錐揉み回転で深い深い闇の底まで落ちていくようなイメージは、この『Knives Out』の世界をそのまま映像化したかのような素晴らしいもので、映像と音楽、それによって一つの完全な作品であるかのようです。
この二つの素晴らしい作品によってもまた、ミシェル・ゴンドリー監督への興味をそそられていました。

ところで、今回は今まで見た作品とは少し毛並みの違う、コメディ映画。
あらすじは以下のような感じ。

舞台はアメリカの田舎町。街の再開発計画によって取り壊し寸前のビデオ店に勤める青年が、店長の旅行中の店番を頼まれます。そこにトラブルメーカーの友人がやってきて、ひょんなこと(体が磁気を帯びてしまうというトンデモな理由!)からお店のビデオの中身を全て消してしまいます。仕方が無いので、自分たちで映画をリメイクしてごまかせ!ってなわけで作った映画がだんだんと人気になってきて‥‥。

といった話。『ゴーストバスターズ』や『2001年宇宙の旅』など、さまざまなハリウッド映画のチープな爆笑リメイク映像は必見!!
気になった方はまずは公式ホームページ僕らのミライへ逆回転をご覧になってください。


以下はネタばれ込みの感想。映画をまだ見てない方はご遠慮ください。

More...


スポンサーサイト

演劇って面白い!!

12月16日土曜日に、初めて舞台というものを見に行ってきました。
見てきたものは、現在渋谷東急文化村で上演中の、野田地図『ロープ』
正直見に行く前は、藤原達也が見たいから見に行くー!程度の気持ちでしたが、劇場から出てきた後は、ほんとにいい作品を見れた、という気持ちでいっぱいでした。
素直に一つの芸術作品として、これほどメッセージを有効に伝えることができている作品にはなかなか出会えないように思います。(それとも、舞台ってものはそれもこんなにすごいのか?)これから、もっとたくさん舞台を見てみたい!そう思った夜でした。


以下、レビューと感想です。これから見に行く方は読み飛ばしてください。
(この作品は、下手な事前知識なしに見に行くことを強くお奨めします)

作品の序盤では、藤原達也演じる引きこもりレスラー(ノブナガ)とその所属する弱小プロレス団体の面々との掛け合いを軸にした、コミカルな場面が展開されていきます。そのため私は、その喜劇的キャラクター達の織り成すゆるゆるの世界に、全くの無防備で入り込んでいきました。
そういった場面がしばらく続いた後、ノブナガが八百長試合を相手レスラーを半殺しにして台無しにしてしまうことから、作品は新たな展開を見せていきます。
以降、暴力の過激化を軸として、今までのプロレスにまつわる喜劇的世界が、戦場における殺し合いの現場へと変化していきます。
例えば、プロレスの、「マンガのような現実感の薄さ」「何でもありであること」「八百長のストーリー」は暴力の激化、理性の喪失という過程を経て、戦争の「非現実性」「超法規性」「大義名分」へと変換されます。
この過程は、さりげない台詞の中にいくつもちりばめられていた伏線を後半でどんどんと回収していくことや、大小含めた数多くの比喩的つながりを利用するなどして、前半の喜劇的文法をそのまま利用しながらスムーズかつ強力に進んでいくので、私はいつの間にか無防備な喜劇の傍観者のまま、クライマックスシーンのベトナムの戦場のど真ん中に取り残されていました。
そこでは、たった四日間で「ミライ」という名の村の住人が皆殺しにされていく一部始終が、まざまざと克明に私達の前に実況中継されます。「覆面レスラー」は「無名の被害者」に変換され、次々に撃たれ、犯され、焼かれ、殺されていく。その行為の一つ一つがプロレスさながらに実況されていくのです。青年アメリカ兵に姿を変えたノブナガは、その村で「正義という大義名分(ストーリー)」を信じて残虐行為の限りを尽くしていきます。
このシーンの途中、轟音を背にした劇的なナレーションの後、舞台が暗転して背景のスクリーン全面に数百人の人名と思われる文字の羅列が映し出される場面がありました。その瞬間、殺された人々の個人性を目の当たりにし、戦争で行われる暴力の現実を突きつけられ、私は悲しさと悔しさと恐ろしさと驚きと怒りの全てに打ち震え、涙が止まらなくなりました。でも私は、次の瞬間には「こんな涙が何のためになる?」と思い、さらなる悔しさと情けなさで拳を硬く握り、涙を拭いました。

お前は涙を流して何を感傷的に自己完結しようとしてるんだ。気持ち悪い。
そんなんでわかったつもりか?そうじゃないだろう。
お前はこの、「見たくないものを見てしまった」という陰鬱な気持ちを
吐き出さずに受け止めるべきなんだ。
戦争という暴力を現実感を持って見つめて、苦しむべきなんだ。
それが私達の「未来」を皆殺しにしないために必要なことなんだ。


これが、私がこの作品から感じ取ったメッセージ。

喜劇的導入部から気軽に観客を作品世界に入り込ませ、何重にも張り巡らした比喩やダブルイメージによって巧みに作品の核心部に誘い込む、という形で作品世界とそのメッセージに深みを持たせる、という手法が特に見事。すばらしい作品でした。

おうちでビデオ鑑賞

今日は昨日の友人からの突然の誘いで、うちで「ホテルルワンダ」を見ました。

以下、多少のネタばれあります。読む方はご注意を。

とにかく、重い映画だった。
ルワンダ内戦における、フツ族によるツチ族の虐殺を扱った映画で、ホテルの支配人であるフツ族の主人公が、ツチ族の人々をホテルにかくまって助ける、といった話。
映画としてはホテルに逃げ込んだ人々は助かって一応一件落着、といった形で終わるのだが、
本当は、何も解決していなかった。

主人公の必死の働きによって、何とか千人強の人々は助かった。
でも、本当は100万近くの人々が死んだ。
主人公は映画のラスト近くにツチ族の反乱軍に助けられる。
でもそれは、ただ勢力関係が変わっただけのこと。

この映画を通じての、本当のメッセージはきっと
   「何も解決していない」
たぶんそういうこと。


この映画の中では、ホテルに逃げ込んだ人々が、
死に直面しながら、それでも死に物狂いで生きようとして、
何とか生き延びた、という物語が描かれている。
中でも私にとって印象的だった場面は、
ホテルにフツ族の民兵が押し入り、見つかったら殺されるという状況で、部屋のバスルームに隠れた主人公の家族をはぐれていた主人公が見つけたとき、敵に見つかったと思った主人公の妻が、シャワーで必死に抵抗しようとする場面でした。
その姿はひどく滑稽なのに、逆にその必死な姿が悲しく思えて、泣きそうになりました。

助からずに殺されていった100万人がそれぞれ
こんなふうに必死に生きようとして
それでも無残に殺されていったのだと思うと、
‥‥‥、
やめておきます。
私の想像力は、まだまだそこまで追いつけない。

要するに、嘘をつきたくなくて、逃げ出す。
どちらも、全然正しくないね。

お奨めグルメ紹介

どうもこんばんわ。

今回はいつもとはちょっと趣向を変えて、お奨めグルメの紹介です。

この前久々に行ったお店がやっぱりとってもおいしくて、
それがものすごく幸せだったから、ここで紹介しようと思ったわけです。

そのお店は、以前私が住んでいた家から、徒歩ほんの1分もかからないくらいのところにあるお店で、名前は「円らく 三鷹荘」といいます。(こちらを参照してください→http://r.gnavi.co.jp/g754700/)
地理的な条件もあって、三鷹に住んでいた頃は月に1~2回ほどのペースで行っていたと思います。
それで先週の木曜に、引っ越して以来はじめて、久々に行ってきた、というわけです。(私は今年の4月、三鷹から都内某所に引っ越しました。)

ここの料理は、本当に何を頼んでもおいしくて、自信を持ってお奨めできます。なんというか、非常に味付けが「ツボ」をついている、といった感じなのです。そんな中でも特にお奨めしたいのが、「だし巻き卵」「肉じゃが」「マグロのカルパッチョ」の3品。
「だし巻き卵」は、だしをたっぷりと使った卵焼きで、ぷるぷるな卵焼きをほおばると、だしの味が口の中いっぱいに広がる絶品です。
「肉じゃが」は、一般的な肉じゃがとは少し違い、言うならばむしろ、「豚の角煮と揚げたおいも」といったものです。じっくり煮込まれた豚肉ははしで割れるほどやわらかく、煮汁とお芋と、豚肉の味のバランスは絶妙。
「マグロのカルパッチョ」は、、、、、うまくあの味を伝えられそうにないので、説明は省略します。ただ、とにかくおいしいです。ぜひ一度食べてみてください。

ここのもうひとつの魅力としては、値段がそれほど高くない、ということもあります。
この前は二人でおなかいっぱい食べ、お酒も二杯飲んで、5000円弱、という金額でした。おそらく学生の皆さんでも決して無理な金額ではないでしょうか?

お店の雰囲気もかなりいいので、機会があったらぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。



本当にいつもおいしいものを食べさせていただいているので、
微力ながらその恩返しと、
皆さんにも、ぜひこのおいしさを味わってもらいたいと思い、
こんな記事を書かせてもらいました。

   では、今日はこの辺で。
    

 | HOME | 

Calendar

05 « 2017/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。