日々思うことを、気まぐれに書き記しております・・・。         また、旅行記も書いたりしています。どうぞお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Travis 2009/2/27 東京国際フォーラム ライブレポート

先月27日に行われたTravis来日公演@東京国際フォーラムに行ってきました。

今回は新作『Ode To J.Smith』のリリースに伴う10年ぶりの来日公演。
前作『The Boy With No Name』での名作『The Man Who』の雰囲気への回帰からは一変して、ギターロックの王道を目指したような作風の最新作には正直少しガッカリしていた面もあった私は、期待と不安の入り混じった気持ちでライブ会場に向かいました。

ライブは定石どおり、新作の一曲目「Chinese Blues」から始まりました。
さらに新作の二曲目へとつながり、新作中心のライブ構成なのかな~、と少しテンションが下がり気味。
しかし、三曲目に前作のキラーチューン「Selfish Jean」で会場は一気にヒートアップ!
私もこの展開には踊りださずにはいられませんでした。
さらにその次には『The Man Who』のオープニングを飾る珠玉の名曲「Writing to Reach You」が!
一体今まで何度聞いたか分からないあのフィードバックノイズが響き渡る時には、既に私は全身が感動と困惑の入り混じったような不思議な感情に満たされ、総鳥肌立ちの状態でした。
そしてこの曲が終わる頃には、静かに広がり、やさしく包み込んでくれるようなフランの歌声に深い安心と懐かしさを感じることができていました。


結局、全編を通じて新旧の曲を満遍なく取り混ぜたバランスのいいセットリストでした。
途中には客席に下りて歌うなどのパフォーマンスもあり、遊び心も感じさせてくれましたが、
そんな行動や、バスドラムに飛び乗ったりするなどのステージングの様々な様子から、彼らの
 「ロックンロールへの憧れ」
を色濃く感じることができました。
思えば、ファーストアルバム収録曲に「All I Want to Do Is Rock」なんて曲があったり、彼らは実はずっと“まっとうな”ロックンローラーに憧れて音楽を続けているのかもしれません。
そんな彼らですが、二作目『The Man Who』の成功により彼らの求めるところとは少し違うところにある深い魅力を世界に認められてしまいます。
私は最初、そのことは彼らにとっては少し不幸なめぐりあわせだったのかもしれないとしれないと思っていました。

しかし、そんな考えはこのライブを最後まで楽しんで、微塵も感じなくなりました。
彼らは間違いなく、自分たちに求められているものを自覚し、それを受け入れた上で自分たちのやりたいことも自信を持ってやっている。それを確信することができたのです。
そうすると、不思議なもので、新作からの曲も毛嫌いすることなく素直に楽しめるようになり、ライブから帰ってきた後では『Ode To J.Smith』は私のヘビーローテーションになっていたりします。


少し話が脱線しましたね。ライブレポートに戻りましょう。
今回のライブのハイライトは間違いなくアンコールにありました。
アンコール二曲目の『Flowers In The Window』はなんと、マイクやアンプを一切使わない、生歌とアコギのみでの演奏でした。
東京国際フォーラムという非常にロックのライブとしては非常に音響のいいホールだからこそ可能だったこのパフォーマンス。
それまでは二階席だったこともあり、今ひとつ音圧が低く、音に没頭することができずにいました。しかし、増幅されない生の歌声を静まり返ったホールで聞くことにより、逆にフランの歌声の深さ、広さを存分に味わうことができました。
さらに、この曲はTravisの曲の中でも最も好きな曲のうちのひとつで、静かに堂々と響き渡る音色に、いつの間にかぼろぼろと涙を流していました。
ライブで感極まって泣いてしまったことは今までに何度かありますが、(特に最近はそういった事が多い気がします)ここまで自然にぼろぼろと、あったかい気持ちになる涙が出たことはなかったような気がします。
そしてライブ最後の曲は「Why Does It Always Rain On Me ?」
ライブを締めくくるのにふさわしいTravis史上最高の名曲です。
2002年のSummer Sonic以来ようやく聞けたこの名曲に安堵し、全身でたっぷりと味わいました。
最後はフランの呼びかけで"POGOダンス"(曲にあわせて会場全体がジャンプ!)で一体感を味わい、夢のような気分の中でライブが終了しました。


こうして今回のライブを通じて深く深く実感したのは、

Travisはいつでも私を一番そばで支えてくれていたバンドだった

ということでした。

去年はRadioheadやSigur rosなど、私の中で非常に大きな意味を持つバンドのライブに行くことのできた非常に恵まれた一年でした。
そんな経験をしたばかりだったからこそ、Travisが私にどれだけ深い安心を与え、どれだけ深い喜びを与えてくれるのかを、より深く実感することになったのです。

ありがとう、Travis!!
最高のライブでした。
スポンサーサイト

Be a Bright Blue / Saxon Shore レビュー

今日は音楽レビューです。

紹介したいのは、以前当ブログでも話題に上げたことのある
アメリカのポストロックバンド、Saxon Shoreの1stアルバム『Be a Bright Blue』

以前は3rdフルアルバムである『The Exquisite Death of Saxon Shore』を紹介しましたが、
1stはその3rdとは少し趣を異にするアルバムです。

このアルバムは全体を通じてリラックスした雰囲気の漂うアルバムですが、
なんと言ってもこのアルバムの必聴ポイントは、
Matt Dotyのギターと、この1stだけに参加しているJosh Tillmanのドラムの絶妙な掛け合いでしょう。

Saxon Shoreのサウンドの中心であるメロディアスでメランコリックなDotyのギターは本作でも遺憾なく発揮されているのですが、その後に発表された2ndや3rdと異なっているのは、
まるでDotyの奏でるギターの旋律と対を成すかのようにメロディアスなTillmanのドラムの存在です。
軽妙なTillmanのドラムが全体を通じて自然な緊張感を与えてくれています。

例えば本作二曲目の『Replacement Drivers』
静謐で冷たいギターのアルペジオから幕を開けます。
次第に華やかさを増していくドラムに呼応するかのようにギターの旋律も次第に鮮やかに色づいていきます。
そして、一旦のブレイク。
その後は打って変わってドラムが曲を牽引していきます。
再び控えめのリズムからギターとの呼応を経て、どんどんと華やかさを増すドラム。
歌うようなTillmanのドラムの魅力が余すことなく発揮される珠玉のパートです。
最後には共に輝きを増しながらクライマックスへとなだれ込んでいきます。


この曲に端的に表れているのですが、
確かにこのアルバムには、例えば3rdの一曲目『The Revolution Will Be Streaming』に見られるような思わず目を細めてしまうほどに眩しいクライマックスの場面はありません。

しかし、このアルバムは私にとって、
まるで初夏の日差しの中のそよ風のふく木陰のような、
そんな心安らぐ場所となってくれるのです。
たとえ激しい盛り上がりが無かったとしても、
優しい風に吹かれることは決して退屈ではないのです。


疲れた時は、こんなアルバムに耳を傾けて、ほんの少しだけゆっくりしてみてください。
ちょっとだけ、気持ちが楽になるかもしれませんよ?

Sigur ros 10/25 STUDIO COAST ライブレビュー

『世界で最も美しい音を奏でるバンド』

彼らのことを紹介するときに最もよく使われる表現です。
私にとってもSigur rosをその言葉で表現することに全く違和感はありません。
しかし、今日のライブは、Sigur rosがただ『美しい』だけでない、
もっともっと力を持ったバンドなんだということをあらためて実感させられる、非常に素晴らしいライブでした。

彼らのアルバムはどれを聞いていても、まるで、一つの物語を見ているような、そんな気分にさせられることが多いですが、
今日のライブは、その物語に自分も参加しているような、そんな素晴らしい気持ちにさせてくれるライブでした。

以下、私のブログ史上おそらく最長のライブレビューになっているので、
心して続きを読んでいただけると幸いです。

以下、本レビューより抜粋。

「すごい演奏だから楽しめるんじゃない、手拍子であわせるから楽しいんじゃない、一緒に楽しむからライブは最高なんだ!」

それでは、続きを読む、をれっつクリック!!


More...


The Bird Ensemble

今回はCDレビューです。

先日、Mogwaiや、Stereolab、Beckの新譜などを買いに行ってきました。
その時にタワーレコードのおすすめにはまって買ってしまったのが今回紹介したいCD。

  Migration/The Bird Ensemble

ジャンルとしてはポストロックなんて呼ばれるあたりだと思います(でも、ポストロックってまったくジャンル名として意味を成してないですよね)。
今日の秋の寂しげな曇り空のもとで聞いていたら、どうしようもなくはまって心に響いてしまったので、ここで紹介したいと思いました。
ゆっくりと、静かに、しかし印象的に響くメロディーがリヴァーブのきいたドラムに乗せて寄せては返す波のように繰り返されます。
わざとらしい盛り上がりもなく、そっとそばにいてくれるような音像にすーっと入り込んでいると、ある一瞬でこんな風に感じるのです。

  「世界はきっと、今はやさしい」

日差しの和らいだ曇りの昼下がり。そっとほほをなでるそよ風。

感じ方によっては陰鬱な寒々しい曇りの日だったかもしれません。
それでも私には、あの一瞬、とても美しい瞬間に立ち会えたような気がするのです。


最近私はめっきりこういったポストロック、アンビエントなんて言葉で語られることの多いジャンルの作品ばかりを聞いているのですが、それはこういった感覚を得る瞬間が忘れられないからなのかもしれないと、今日ははっきりと思い返しました。

The Bird Ensembleの試聴はここからどうぞ。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=59665538


また、今日より少し暖かい日、柔らかい日差しが差し込む電車の車窓から田舎の風景を眺めているときに、同じような「はまった」感覚に襲われたのは、

Be a Bright Blue/Saxon Shore

です。
最新アルバムThe Exquisite Death of Saxon Shoreでは突き抜けるような輝きを見せてくれる一方で、その盛り上がり方がわざとらしいと感じられる面もあるのですが、
この一枚は木陰から漏れる光を眺めるような優しい明るさと、ゆったりとした空気が一貫していて、等身大の優しさに身を任せて心地よい音像体験をすることができます。

興味のある方はぜひチェックしてみてください!!

Red Hot Chili Peppersの

ライブに行ってきました!
六月五日(火)@東京ドーム

念願だったレッチリライブ!
全く期待を裏切らない最高のライブだった!!

実は最新アルバムがあまり好きじゃなかった俺としては、
今回のワールドツアーはもともと新作メインになるんじゃないかと心配してたんですが‥‥

ぜんぜんそんな心配はいらなかった!!!!!

オープニングのCan`t Stopでテンションは既に最高潮!
大好きなScar Tissueを聞けて満足してたら、
新作から数曲挟んでThrow away your television!!
うっひょ~!!もうフリーのあのベースラインが聞こえてきた瞬間絶叫ですよ!!この曲を聴いて踊りださずにいられるか!

こんなテンションの中、ついにきたよー!!!!
Blood Sugar Sex Magic!!!!
ま・さ・か この曲をやるとは!!!
嬉しいぜ!全身の血液が一気に怒涛のごとくに暴れだす!!
血沸き肉踊るとはまさにこのことっ!!

その後も、me & my friendなんてやったり、新作からもわりと好きな曲をやってくれたり、ツボを押さえたセットリストで自分的には非常に満足!

そしていよいよライブも終盤
ジョンとフリーのセッションからCalifornication!
そして続いてBy The Way!!
もうこんだけ大好きな曲を連続でやられたらたまりません。
踊り狂い、絶叫して、まるで全身がエモーションの波に共鳴しているような高揚感。ここまでこんな気持ちになれるライブは初めてだし、これからもそう何度も出会えるものではない気がします。。。

続いてアンコール‥‥
ついに来たっ!!
Under The Bridge!
ドームの暗闇の中にライターの炎が無数に揺らめいて、
もう幾度となく繰り返し聞いたその旋律が、
幾万人もの合唱とともにこだまするその瞬間は、
こんなにも美しい瞬間が今までにあっただろうか
そんなふうに思うほどでした。
きっとこの瞬間は何年たっても忘れない
記憶の中の収束点の一つになると確信した瞬間でした。

そして、ついにラスト、
待ってましたっっ!!!!!!
Give It Away!!!!
最後の最後にやってきた最終兵器の出現に、俺はもうただひたすらに、図太い音の波に乗っかって届く原色の感情の塊を全身で感じて、力尽きるまで絶叫して踊り狂いました。

ほんっとーにおなかいっぱいの最高のライブでした!!
世界最強ライブバンドの看板は伊達じゃなかった!!!
ありがとう、レッチリ!!

The Sound of Failure

タイトルはThe Flaming Lipsの「At War With The Mystics」に入ってる曲です。

この曲が私の今の心象風景とあまりにマッチするので、
あえてここに書きとめておきます。

私は何も、「この曲のどこどこの詩が、私の心を代弁している」
とかそんなことを言いたいんじゃなくて、
私が今、大事にしている感情とか、感覚とか、思い出とか、風景とかのイメージが、
この曲の音楽的イメージに見事に重なる、ということに単純に驚き、
うれしく思って、だれかに伝えたいな、って思っただけなんです。

心の中で大事にしていたものをうまいこと外界のものとして表現してもらえたことに対する喜びですね。


今日は最初はこれだけ書くつもりだったんですけど、なんだか下の記事はあまりにこちらの内容と違いすぎるんで、あえて二つの記事にさせていただきました。

 | HOME | 

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

T+W

Author:T+W

田舎から東京に出てきた大学生です。
メールアドレスは
inakamono_houtoukiあっとhotmail.co.jp

相互リンク大募集中です!





東大生ブログランキング



Recent Entries


あわせて読みたいブログパーツ

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。